ハチの集団に襲われると命の危機に関わるので注意

アシナガバチ駆除をする時に警報フェロモンが分泌される

アシナガバチ駆除をするとフェロモンが出る

ハチ

アシナガバチは駆除された時に、フェロモンを出してしまいます。このフェロモンによってどのようなことが起こるのか紹介します。被害を拡大させないためにも、把握しておくと良いでしょう。

アシナガバチが出すフェロモンについて

アシナガバチを退治した時に出るフェロモンの効果は?
アシナガバチは毒針の他にも、フェロモンを噴出することが分かっています。このフェロモンを噴射することによって、仲間に敵が来たことを知らせるのです。通常アシナガバチは、攻撃を仕掛けてくる前に警告音や威嚇をしてきます。しかしこのフェロモンによって集まってくるアシナガバチは、警告も一切なくそのまま攻撃をしてくるので大変危険です。アシナガバチは警報としてフェロモンを噴射して仲間を集めますが、そのフェロモンとは別にいくつかフェロモンを出しています。アシナガバチを見つけたら、刺激しないようにしてアシナガバチ駆除を適切に行なう必要があるでしょう。

恐ろしいのはフェロモンだけではない

アシナガバチが放つフェロモンも怖いですが、一番怖いのは毒針です。ハチが持つ毒だけで人は死に至ることは少ないですが、アナフィラキシーショックによるアレルギー反応が起きると、最悪命を落とすことがあります。過去にアシナガバチに刺された人は、体に抗体が出来ているので気をつけておきましょう。リスクを避けるためには、アシナガバチ駆除を業者に依頼することが大切です。早めに対策を行ないましょう。

業者が行なうアシナガバチ駆除の方法

アシナガバチ駆除を成功させるために、駆除業者では次のような流れで駆除を行なっています。

確実に駆除するために

巣に全てのアシナガバチが戻るまで待機

アシナガバチは夜になると自分の巣へ戻っていきます。この習性を活かせば効率的にアシナガバチ駆除を行なうことができます。ハチの巣がまだ小さのであれば自力でアシナガバチ駆除をすることはさほど難しいことではありません。しかし危険なことには変わりないため、しっかりと毒針を防御できるような服を用意しておく必要があります。

殺虫剤を吹きつけて巣を撤去

アシナガバチ駆除を行なう時は、安全な服装に着替えてから取り掛かるのが基本です。アシナガバチの巣に強力な殺虫剤を30秒~40秒程吹きかけましょう。最初、ハチはスプレーをかけることで動揺してパニックになります。巣へスプレーを吹きかけ続けることによって、一匹ずつ確実にアシナガバチ駆除することが可能となります。ハチへ攻撃する際はハチがフェロモンを出すので注意が必要です。

再発しないように対策

アシナガバチが巣を作る場所は、雨風や日光を避けられるなどの条件が揃ったところです。一度アシナガバチ駆除をしたとしても、また同じ場所に巣を作られることがあります。巣を再び作らせないようにするには、木酢液やハーブなどハチが嫌う臭いのものを置いておくと効果的です。薬剤を使うことなく再発防止をすることができるため、子供に健康被害が出るデメリットもありません。

業者にアシナガバチ駆除を依頼する理由

アシナガバチ駆除を業者へ依頼すると、様々なメリットが得られます。費用が必要などというデメリットもあります。しかしアシナガバチ駆除を行なうには刺されるリスクと、刺された時に死亡するというリスクがあるのです。アシナガバチ駆除をするのが自分ではなくプロに任せられるため、まず安全を確保することができます。また、アシナガバチ駆除を完璧にこなしてくれるので、綺麗にアシナガバチの巣を取り除き問題を解決できるというメリットがあります。

TOPボタン